中島たけふみ(なかしまたけふみ)

京都府議会議員 2期目

1984年7月生まれ。みずほ保育園・栗田幼稚園・栗田小学校・栗田中学校・宮津高校を経て、近畿大学法学部卒。卒業後、(株)リクルート入社・宮津市議会議員を経て、現職。

大学時代には、NPO法人ドットジェイピーのインターンシップに参加

大学に入学し、テレビで見る上辺だけの政治ではなく、実際の政治家の姿を見るために議員インターンシップに参加しました。そこには、日本の未来のため、地域の未来のために熱い志を持ち政治に取り組んでいる若手議員の姿がありました。多くの若手議員の方々と触れ合ううちに「文句を言っているだけでは何も始まらない。自らが行動することで地域を変えていく」という彼らの姿勢に強く共感しました。

株式会社リクルートに入社

大学生の頃から地元へ戻ることを意識していました。地元は人口が減少しているという課題や天橋立を代表する観光名所があるという長所があったため、その課題や長所に対応した仕事がしたいと考えておりました。

リクルートはリクナビなどの就職サイトやじゃらんなどの観光サイトをもっていたため、ここなら、地元に戻った時に活かせる経験が出来るかもしれないと志望しました。
リクルートに入社後、長野支社にて、2名の農業法人から上場企業まで、幅広い企業の人材採用・組織活性化のお手伝いを行いました。また、長野県の学生の多くは東京へ進学するため、東京で就職セミナーを行うなど、Uターン就職を促進しました。

その後、「じゃらん」へ異動し、奈良県・和歌山県を担当する営業チームのリーダーとして、地域活性化と観光振興の仕事につきました。和歌山県串本町では、行政や地元事業者の方々と協力し、ご当地グルメの開発に携わらせていただきました。

29歳の時に宮津市へ戻り、市議会議員選挙にて初当選

地盤・知名度・資金力など全くありませんでしたが、多くの皆様のご支援を得て、宮津市議会議員として活動をスタートさせることができました。
宮津市議会議員としては、議会だよりのリニューアルや総務文教常任委員会の委員長として、所管事務調査を行い「消防団と自主防災」をテーマに活動し、市長へ調査内容を報告・提案しました。

メッセージ

Web サイトやFacebookページで日々の活動状況をアップしています。活動や政策などの詳細はWeb サイトにアップしていきます。ぜひご覧ください。Facebookもやっています。お気軽に「友達申請」して下さい。

PAGE TOP